習熟度別学習指導(女子部)

習熟度別学習指導

本校では、「わかる授業」に徹するために、習熟度別学習を実施しています。また、生徒の進路目標を実現するために、多様なカリキュラムを用意したコ-ス制をとっています。この2つが車の両輪となり、さらに充実した進路指導ともあいまって、多くの生徒が現役で進路実現を果たしています。

コース編成

進みたい道に合わせた、3つのコース
教育課程は生徒の進路に沿うように編成された3つのコースからなっています。
開校以来、習熟度別に学習指導を行い、生徒一人ひとりの潜在能力を最大限に引き出しています。志望大学に現役で合格できるよう2年次から文系・理系に分かれ、国公立大学・私立大学それぞれの入試に対応した学習を行います。また、進級する際、実力次第でコース変更が可能です。
クラス編成は、女子部への入学生だけで行われ、星野学園中からの内部進学制度や共学部入学生との混合クラスはありません。

カリキュラム

生徒の進路に対応した多種多様なカリキュラム
1年次には全クラス共通の基礎カリキュラムで学び、2 年次からは「文系」「英語系」「理系」に分かれて学習します。(3 年次での変更はできません。)
「文系」「理系」は5 科バランス型で国公立大入試に対応し、「英語系」は文系3 科(英・国・地歴)重視型で私立大文系入試に特化しています。 (PDFが開きます)

学習指導・進路指導

習熟度別授業によって「伸ばす」学習指導
本校では、自分に合った授業が最も大きく力を伸ばす、という考えのもと、習熟度別授業を展開。またホームルームの時間に小テストを実施することで基礎学力の養成にも努めます。さらに、放課後や長期休業中に行われるレベル別の講習等によって実践力も磨いていきます。
「現役力」を育てる充実した進路指導
本校では、豊富な進路企画をとりそろえ、早くから将来の夢をえがき、その夢を学習のモチベーションへと変えていく進路指導を展開しています。この結果、現役で志望校に合格する生徒が多いことも本校の特徴です。このことは、本校の教育が、3 年間の中で確実に学力を伸ばし、現役で進路目標を実現する「現役力」を育てていることを示すものです。
PageTop