学校見学会  [ イベント詳細へ | Web申込へ ] 受付中: ④8/20 午前・午後空き〇 10:00~/13:30~ 本校の教育方針等の説明や施設見学ツアーなど本校を知って頂く最初のイベントですのでぜひご参加下さい。

 入試説明会  [ イベント詳細へWeb申込へ ] 受付中: 共学部①9/19 午前・午後空き〇女子部①9/18 午前・午後空き〇 各10:00~/13:30~ 9/189/19について午前回を追加設定しました。午前午後とも内容は同じです> [今後の日程]  共学部: ②10/8 ③10/23 ④11/13 ⑤11/26 / 女子部: ②10/1 ③10/22 ④11/14 ⑤11/27 各13:30~ ※各回の約1ヵ月前に申込を開始しますが状況により早める場合があります。
星華祭  本年度の一般公開はありません。残念ですがご理解の程お願い致します。在校生保護者の皆様へのご案内は [INFORMATION] をご覧下さい。
星野の歩み

沿革

明治30年(1897) 4月 川越市六軒町に『川越星野塾』設置認可
設置者兼塾長 星野りち
昭和 8年(1933) 『星野裁縫女学校』設置 設置者兼校長 星野りち
昭和25年(1950) 『星野女子高等技芸学校』に改称
昭和28年(1953) 5月 準学校法人星野学園認可
理事長兼校長 星野三郎
昭和38年(1963) 11月 川越市末広町に新校舎(第一校舎)落成
昭和39年(1964) 3月 学校法人星野学園認可
『星野女子高等学校』 認可
理事長兼校長 星野三郎
昭和46年(1971) 3月 『ほし幼稚園』 認可
昭和52年(1977) 2月 川越市石原町に第二校舎落成
昭和54年(1979) 3月 10階建新校舎完成
昭和56年(1981) 10月 第一校舎図書館完成
昭和59年(1984) 1月 『川越東高等学校』 認可
昭和61年(1986) 6月 星野誠 校長に就任
昭和62年(1987) 3月 星野記念体育館完成
平成11年(1999) 3月 第二校舎耐震補強完了
平成12年(2000) 4月 『星野学園中学校』 開校
平成15年(2003) 4月 『星野高等学校』に校名変更

高校共学部に星野学園中学校第1期生が入学
平成16年(2004) 2月 星野記念講堂(ハーモニーホール)完成
平成19年(2007) 4月 高校共学部に外部募集第1期生が入学
『星野学園小学校』 開校
平成21年(2009) 4月 ほし幼稚園を『星野学園幼稚園』に園名変更

創立者 (初代校長 星野 りち)

星野学園の創立者「星野りち」は、東京女子師範学校(現 お茶の水女子大学)に学び、横浜の海岸女学校(現 青山学院)、麻布の東洋英和女学校(現 東洋英和女学院)で教師を務めました。その後、「誰もが公平に学べる場所」を実現するため、生家の敷地に「星野塾」を開きました。星野塾では、小笠原流の礼法に基づき、心を磨き、人間関係から学ぶことを大切にしました。科目の内容は国文、漢文、書道など多岐にわたり、幅広い教養を身につけることを柱としました。また、当時から世界に目を向けることの重要性を説き、英文タイプや洋裁などの実技にとどまらず、語学としての英語習得に力を注ぎました。このように、「礼法を通じて心を磨く」「あらゆる分野の知識をつける」「広い世界から学ぶ」という3つの方針は、開学当初から受け継がれてきた星野の伝統的価値観です。

校章

創立者、星野りちの生家の屋号を「碇屋(いかりや)」といいました。そのことから、星野の校章は「碇」がメインモチーフになっています。そして、校章の碇のマークの後ろには、「鏡」がデザインされています。今、この激動の時代を生きる私たちは、「碇」の重要性をもう一度とらえ直したいと思っています。時代の潮流に安易に流されず、信念の碇を下ろしてほしい。一方で、その信念が、偏ったものになっていないか、誤った知識に根ざされていないか、時々点検してほしい。「碇」と「鏡」を心に置いて、今を生きていってほしい。さて、碇を意味する「anchor」には、「人に安心感を与えられる存在」という意味もあります。自分を信じながら、自分を見つめ続ける。そうやって作り上げた自分は、いつか誰かを安心させられる存在になるはずです。

PAGE TOP