S類コース

S類特進選抜コース

最難関への進学を目指して
S類特進選抜コースでは1年次から難度の高い授業が繰り広げられ厳選された副教材や発展課題で応用力が養われます。2年次からは文系クラスと理系クラスとに分かれ、それぞれが最難関の国公立大学や私立大学、医学部への進学を目標に学びます。
S類の特色
Point 01
難関大合格にふさわしい質と量を
授業は、1年次から国公立を意識した内容で進みます。2年次以降はさらに応用力と論理的思考力に磨きをかけます。
Point 02
本コース入学生徒の主な進路先
東京大学、大阪大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、一橋大学、東京工業大学、筑波大学、お茶の水女子大学、東京医科歯科大学、千葉大学、東京外国語大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学
教員からのメッセージ
難関に挑むのにふさわしい場所
入学時より高い目標を持っているのが、当コースに在籍する生徒たちの特徴です。さらに、クラスには「ともに学び、ともに高め合う空気」が満ちています。ここでは早い段階から、高度な学習内容にチャレンジすることで、物事を筋道立てて考える力をじっくりと養います。それが難関大合格を支える底力になります。

ページトップへ