箏曲

お箏という日本音楽の伝統的な美しい音色で古典~現代曲まで演奏できるよう、基礎練習から丁寧に学んでいきます。初心者がほとんどですが、毎年、埼玉県を代表して日本音楽の甲子園と言われる全国大会(全国高等学校総合文化祭)に平成28年度で37回目の出場となりました。
  勉学とクラブ活動とを両立させながらたくさんのことを学び、皆で一つのものを創り上げていく中で部員同士の絆も深まり、かけがえのない高校3年間を過ごすことができます。

◆活動場所:第1校舎2号館2階 礼法室
◆部員数:女子46名
(男子部員も募集中です。他校では男子部員も珍しくありません。)

◆活動日:原則として月~金の放課後
月、木、金曜日…16:00~18:00
火曜日…15:00~18:00(講師の多田ことえ先生によるお稽古)
土曜日…活動日ではありませんが、1年次後半より放課後に自主練習が行われています。
日曜日・祝日…原則として活動しませんが、3時間の自主練習を認めています。
          全国大会や演奏会(11月と1月に1回ずつ)が入る場合があります。

◆長期休業中の活動頻度:原則として夏・冬・春ともに毎日3時間の練習
   夏休み…お盆を含む約1週間は活動はありません。
   冬休み…12月26日~1月6日まで活動はありません。

◆活動内容
   1年生…お爪のはめ方、座り方など基礎の基礎から始まります。教則本を使って
       演奏技法の基礎から学びます。秋の文化祭では「六段」などを演奏します。
   2年生…6月に校外での初舞台となる県の邦楽邦舞研究会に出演します。
文化祭に出演した後、11月には県のコンクールに出場します。
   3年生…2年次に県のコンクールを通過すれば、夏の全国大会に出場します。
       上位4校に選ばれると、東京の国立劇場での優秀校東京公演に出演します。
       9月中旬の文化祭で引退となります。
※文化祭(星華祭では小・中・高の合同ステージとなります。)

◆対外活動
   全国高等学校総合文化祭(7月末~8月上旬)、私学文化祭(11月)、埼玉県邦楽コンクール(11月)、
埼玉県邦楽邦舞研究会(6月)、全国高等学校箏曲連盟定期演奏会(1月)など。

◆初心者の受け入れ
   ほとんどの部員が初心者です。経験はまったく問いません。

◆過去の実績
   ○全国高等学校総合文化祭(全国大会)37回出場 そのうち、
    最優秀賞・文部科学大臣賞5回ほか、文化庁長官賞など、受賞多数
   ○全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演(国立劇場)13回出演
   ○文化庁よりH.20年に韓国へ、H.19年、13年に中国へ派遣など海外派遣有り。
■これまでの主な実績
全国高等学校総合文化祭 最優秀賞(文部大臣奨励賞・文部科学大臣賞)5回 (平成5,9,12,18,28年)
優秀賞9回(文化庁長官賞6回)(平成2,3,4,7,8,11,15,19,22年)
優良賞5回(平成6,10,17,20,23年)
(平成16年は台風のためコンクール中止)
平成25年全国大会(長崎)での演奏をお聴きください。
『箏三重奏曲一番』小野衛作曲

 [ 全体を再生♪ (約8分) ]

    [ 第一楽章を再生♪ (約4分) ]

    [ 第二楽章を再生♪ (約4分) ]

     *再生までしばらく時間がかかる場合があります。

国高等学校総合文化祭
優秀校東京公演(国立劇場)
13回出場
(平成2・4・5・7・8・9・11・12・15・18・19・22・28年 )
埼玉県高等学校邦楽コンクール 最優秀賞34回 (昭和54年~平成12、14~21、23、25、27、30年)
海外活動 中国4回(平成5・8・13・19年)
韓国1回(平成20年)
オーストラリア2回(平成3・6年)
ドイツ2回(平成5・15年)
マレーシア1回(平成5年)
その他 国民文化祭(平成元・2・4・5・8年)
尺八の横山勝也氏と共演
(平成元年『星のふる夜’89)(岡山 )』)
など
  
PageTop