01『2キャンパス制』で活かされる「別学」と「共学」のよさ

星野の最大の特徴は「2キャンパス制」。共学部の校舎がある「石原キャンパス」と女子部の校舎がある「末広キャンパス」とは歩いて10分ほどの距離にあり、ホームルームや日々の授業はそれぞれの校舎で行われています。

石原キャンパスの広々とした施設を日常的に使用できるほか、同じ敷地内に通う星野学園小学校、中学校の児童・生徒たちとともに学校生活を送ります。多様な環境・世代の生徒同士が交流する中で新しい価値観を創造できる場所が共学部です。

02共学だから鍛えられるコミュニケーション力

高校を卒業し、大学生や社会人になると、男性と女性が力を合わせて社会を作り上げていくことになります。共学部では、学級活動や行事などのさまざまな場面で、クラスのみんなで話し合ったり、一つの作品を作り上げたりする活動を通して、お互いの感覚や考え方の違いを受け入れながら意見を伝え合い、物事を前に進めていくコミュニケーション能力が身につきます。

さらに、100年を超える歴史に裏付けられた「真面目はカッコイイ」という伝統と、「一人一人が主役」という個性を大切にする星野の校風は共学部にも受け継がれています。日ごろは明るくのびのびと過ごしながら、授業やクラブ、行事などの場面ではしっかりと切り替えて集中力を発揮する。メリハリのある学校生活を大切にするのが星野の共学部の特徴です。

03自分に合った文武両道ができる

クラブの数は約50。たくさんの選択肢の中から自分の生活に合ったクラブを選ぶことができるので、毎日クラブに打ち込みたい人という人も、週2~3日のペースで活動したい人という人も、一人一人のペースで文武両道の高校生活を送ることができます。

クラブについては、どちらのキャンパスのクラブでも入部することができます。共学部のホームキャンパスである石原校舎では、広い敷地や体育・芸術施設を生かして、多くの運動部や吹奏楽部、バトン部などが活動しています。

一方、音楽部や箏曲部、百人一首部や演劇部など、末広キャンパスで活動するクラブに加入する共学部生もたくさんいます。学校のスケジュールはキャンパス移動の時間を考えて組まれます。また、すべてのクラブの活動はスクールバスの最終便に乗ることができる時間に終了するので、安心してクラブ活動に打ち込むことができます。

04手厚いサポートで難関大を目指す

星野高校では、本気で勉強に打ち込むための環境が整っています。日々の授業では、それぞれの生徒の習熟度に合わせた分かりやすい授業が行われています。また、3年後を見すえ、担任との面談で日々の学習計画を確認したり、大学による出張講義や本校卒業生の社会人によるキャリアガイダンスなどを通して、自分の将来について考えていく機会を設けています。

夏・冬・春の長期休業中には、講習が行われています。また、放課後や土曜午後にも、受験対策の講習が充実しています。小論文や英作文の添削指導、面接や口頭試問など対面指導も充実しており、自分の考えを伝える力を学習する機会が数多く用意されています。こうしたきめ細かい指導を通して入試まで全教員が最大限サポートします。

まじめで何事にも一生懸命頑張るクラスメートと切磋琢磨しながら、学校の指導のもとにしっかりとした学習習慣を身につけることができることで、入学してから飛躍的に学力が伸びる生徒が多いことが特徴です。

05落ち着いて学べる環境

石原キャンパスの特徴は、広い敷地を利用した体育・芸術施設ですが、落ち着いて勉強したいという生徒のための環境もしっかりと準備されています。自習スペースは防音、冷暖房完備なので、クラブ活動で校舎がにぎやかになる放課後も、1年を通じて静かに勉強することができます。

自習室

2階自習室は少し広めの防音スペース。黙々と勉強する友だちに刺激を受けて、やる気が高まります。
防音とびらの外にも自習机があり、完全防音が苦手な人も利用できます。

講堂小ホール

星野記念講堂の1階にある小ホール。「小」といっても収容人数200人の大教室です。
講義室と映画館の機能を兼ね備えたような環境で、授業や講習などに活用されています。

06共学部の進路実績の特徴

国公立大に強い

5教科7科目という幅広い勉強が求められる国公立入試。クラブを通じて培った集中力や、共に支えあえる友だちの存在に支えられ、国立大医学部医学科や一橋大、大阪大などの難関大学をはじめとするそれぞれの志望校への合格を果たしています。

私立大に強い

国公立入試に加えて、希望者の多い私立名門大学にも多数の合格者を出しています。

理系希望にしっかり対応

女子高を母体とする高校は文系に強いというイメージがありますが、本校共学部には理系を希望する生徒も多く、学年の半数近くが理系クラスになることも。国公立、私立の多様な進路希望に柔軟に対応します。

多様な分野の進路希望にしっかり対応

1.理工系
本校共学部では、理系を希望する生徒が年々増えていますが、中でも人気が高いのが理工系です。特に、選択科目として物理を選ぶ生徒は本校女子部と比べても多くなっており、大阪大学工学部、慶應義塾大理工学部、早稲田大基幹理工学部などをはじめとする理工系学科への進路結果にも反映されています。

2.経済・経営系
理工系と並んで共学部で人気が高いのが経済、経営系分野です。英語、国語、社会の授業を通じて社会科学系の進路に興味を持つ生徒もいれば、クラブ活動や学校行事を通じて組織で目標を成し遂げることの楽しさを学んだことをきっかけに、マネジメントの分野を志す生徒もいます。横浜国立大学経営学部、慶應義塾大学経済・商学部、早稲田大学政治経済・商学部などを始め、多くの進路を実現しています。

3.国際系
国際人教育を教育の柱の一つとする本校では、日本に暮らしながら国際感覚を身につけることができるよう、ヨーロッパへの修学旅行をはじめ授業や行事のさまざまな機会を活かした取組みを行っています。その結果、女子部、共学部を問わず国際系の進路を希望する生徒が多く、大阪大学外国語学部、東京外国語大学、国際教養大学、早稲田大学国際教養学部を始め、国際系学科への幅広い進路を実現しています。

星野高校共学部では、時代に対応した柔軟な指導力を活かし、これらの多様な進路希望に、きめ細かくしっかりと応えています。

07末広キャンパスの施設も活用

2つのキャンパスの施設設備は星高生全員で共有しているので、蔵書50,000冊を収蔵する末広校舎図書館や新装された生徒ホールSAKURA、MOCHAなどの施設も利用できます。末広キャンパスでのクラブや、長期中休業中や土曜放課後などに行われる講習への参加などの機会には、共学部の生徒も女子部の校舎で活動します。

08女子部生・中学生と交流することも

星野高校共学部のもう一つの特徴は女子部との交流。クラブ活動や学校行事、生徒会活動では、女子部生と共学部生が一緒に活動し、対外試合なども「星野高校」という1つのチームで出場します。さらに、いくつかのクラブでは中学生も部員としてともに活動します。クラブ全入制の本校では"部活の時間"が主な交流の機会。さまざまな価値観を持った仲間たちとともに活動することで人としてのバランス感覚が培われ、より大きく成長することができます。
PageTop