AED・心肺蘇生法 教職員対象講習会を実施しました。

星野学園では、緊急時、確実にAEDを使用し救命行動がとれるように教職員対象に救命講習会を実施しています。
救急車の平均到着時間は8.6分といわれています。心停止から1分ごとに、救命率は7~10%下がります。末広キャンパス、石原キャンパス13台のAEDと教職員で万一の事態に備えています。

学園内のAED設置箇所はこちらをご覧ください。

川越北消防署警備担当、救急担当の方に講師としてご来校頂きました。
4月20日(金)~6月22日(金)まで4回に分かれて全教職員対象に実施します。

【心肺蘇生法・AEDの使い方】
① 倒れている児童、生徒を発見
② 周囲の安全を確認
③ 意識の有無を確認
④ 応援を依頼「誰か来て下さい」
・応援1「救急車を呼んで下さい(119番通報)」
・応援2「AEDを持って来て下さい」
「完了したら戻って来て下さい」(胸骨圧迫交代の為)
⑤ 呼吸の有無を確認
⑥ 胸骨圧迫5cm以上、1分間目安
⑦ AED使用

kyumei1.jpg kyumei2.jpg