国際文化部が「小江戸川越 英語力・ コミュニケーション力向上研修」を実施しました。

国際文化部は5月29日(火)、赤い制服の川越市シルバーガイドさんに川越の街を英語で案内して頂きました。

「時の鐘」から「菓子屋横丁」へと進むコースを見学しました。

kokusaibunka2018 (1).jpg kokusaibunka2018 (2).jpg

 川越の歴史や文化をより深く知るとともに、その見どころを伝えるための英語表現について学びました。国際文化部では3回目の実施となります。

昨年は日本の文化を英語で外国人へ伝える取り組みに関して、

2017年「高校生ボランティア・アワード」で特別表彰を受賞しました。

今年も川越市内で夏休みに英語で観光案内をする予定です。

kokusaibunka2018 (3).jpg

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、川越市でゴルフの大会も開催されます。

これからの時代に求められる英語力を身につけられるよう、日々の活動に熱心に取り組もうと改めて感じた1日でした。

【高校生ボランティア・アワード】

風に立つライオン基金が日々地道な奉仕活動を実践する高校生の“発表・交流の場”として、2016年に創設。

内閣府やNHK厚生文化事業団の後援を得た、ボランティア活動の全国規模の交流会で、活動の規模や内容の優劣を競い合う“大会”ではなく、学校や活動分野の垣根を越えて自由で活発な交流を行い、互いの活動に対する理解を深め、連携し助け合い、切磋琢磨してもらうことを目的としています。こちらから受賞の内容をご覧頂けます。

http://ボランティア・アワード.jp/va2017sp/