『星野生の心温まるちょっといい話』卒業生が折り鶴をつくり広島市へ寄贈しました。

3月2日(土)卒業式を迎えた3年4組を中心に有志約50名が折り鶴をつくりました。高校卒業にあたり、世界平和を願い、想いをこめて鶴を折りました。この折り鶴は、広島市市民局国際平和推進部平和推進課へお送りし、原爆の子の像に捧げて頂きます。

190316-01.jpg 190316-02.jpg

また、東京2020組織委員会PEACE ORIZURU(ピース折り鶴)の活動にも参加します。平和の祭典、オリンピックに向けて、平和の象徴である「折り鶴」づくりを通して、戦争や争いがない世界を実現し広げていく活動で、 東京2020組織委員会にて実施される各種イベントやプログラムを通じて、「オリンピック休戦」を広める活動が行われる予定です。

折り鶴づくりに参加した生徒は、「世界に向けて、一人一人の平和への想いが発信できればうれしいです」と感想を述べていました。

190316-03.jpg 190316-04.jpg